HOME > 加入中のお客様 > インターネットサービス > 各種詳細 > コンピュータウィルスについて(ウィルスの主な感染経路と対策)

加入中のお客様-インターネットサービス

コンピュータウィルスについて(ウィルスの主な感染経路と対策)

ウィルスの主な感染経路と対策

ウイルスは、主に次のような経路で感染します。

メール

「CTY有害サイトブロックサービス」のフィルタリングとは、インターネット上のホームページのアドレスや内容を判別して閲覧を許可したり遮断したりする機能を指しています。

対策 Windows Updateでセキュリティホール対策をする。
Windows Update
ウイルス対策ソフトを使えば自動でウイルスをチェックしてくれます。
知り合いからのメールでも、添付ファイルを開く前に必ずウイルスチェックをする。
プレビュー機能を無効にする。
『CTYインターネット会員様には無料でメールのウイルスチェックサービスを行っております。』
CTY無料メールウィルスチェックサービス
インターネット

インターネットからのダウンロードで感染するタイプ。便利なツールやゲームを装っていることもあります。また、セキュリティホールがあると自動的にダウンロードしてウイルスファイルを実行してしまうという、より悪質なタイプのものもあります。

対策 Windows Updateでセキュリティホール対策をする。
Windows Update
ウイルス対策ソフトを使えば自動でウイルスをチェックしてくれます。
あやしいサイトにアクセス、閲覧しない。
不要なプロブラムはパソコンへダウンロードしない。
ダウンロードしたファイルは、実行前に必ずウイルスチェックをする。
ブラウザのセキュリティ設定を高めにしておく。
ネットワーク

会社などでコンピュータ同士をつないでネットワークが作られている場合、他のコンピュータからウイルスがやってくることがあります。また、ケーブルテレビのインターネットや公共の無線LANの場合、コンピュータを起動するとインターネットに接続される状態になる為、起動するだけでウィルスに感染する恐れがあります。

対策 Windows Updateでセキュリティホール対策をする。
Windows Update
ウイルス対策ソフトを使えば自動でウイルスをチェックしてくれます。
不必要なネットワーク共有をしない。
ネットワークのパスワードを想像されにくいものにし、定期的に変更する。
ネットワーク経由でやりとりしたファイルは、開く前に必ずウイルスチェックをする。
パーソナルファイアウォールを使う

ほかにもインターネットチャットメッセンジャー(ICQ、MSNメッセンジャー、Yahooメッセンジャーなど)、メディアによるファイルのやりとり(CD-R、MO、FDなど)、インターネットファイル共有システム(KaZaaなど)でも感染の危険があります。

Windows Updateとは Windows Updateとは、使用しているコンピュータの状態を診断してWindowsを自動的に更新し、システムを最新の状態に保つためのマイクロソフト社のオンラインサポート機能です。
Windows Updateを実行すると、製品の発売以降に見つかった問題の修正や、新しく追加された機能を自動的にダウンロードして更新します。
こまめにWindows Updateを行うことで、Windowsを最新の状態に保ち、ウイルスが忍び込むセキュリティホールをなくしたり、悪質な攻撃に負けない環境を構築するなど、セキュリティを強化することができます。
Windows Update
パーソナル
ファイアウォールとは
パソコンにインストールして使うファイアウォール・ソフトのことです。
パソコンの通信状況を監視して、パソコンに危険を及ぼすような通信を見つけ出すとその通信を遮断して危険から守ってくれるソフトです。

 

CopyrightcCTY.,Ltd. All Rights Reserved.