HOME > 加入中のお客様 > インターネットサービス > 各種詳細 > コンピュータウィルスについて(感染の症状)

加入中のお客様-インターネットサービス

コンピュータウィルスについて(感染の症状)

感染の症状

1.ウイルス対策ソフトを使う

コンピュータ使用時には必ずウイルス対策ソフトを使用するようにしてください。ここで大事なのは、ウイルス対策ソフトは常に最新の状態で使うことです。体験版やサポート期限が切れたもの、更新を怠っているものでは、過去のウイルスにしか対応できません。常に最新の状態でウイルス対策ソフトを使用していれば、ウイルスが入り込んだ時点でウイルスを発見できます。

 

2.定期的にウイルスチェックをする

パソコン全体(ハードディスク等)のウイルスチェックを定期的に行ってください。お使いのウイルス対策ソフトでウイルスチェックをスケジューリングしておくことが重要です。

 

3.コンピュータの不審な動きに注意

ウイルスに感染すると、コンピュータがいつもと違う動きをすることがあります。これらの症状が出ている場合、原因はウイルスかもしれません

 

主な症状例

動作が遅い

・動作速度が遅くなる。メモリが不足する。

 

見た目の変化

・アイコンが勝手に変更されている。
・見覚えのないアイコンがある。
・画面上に覚えのないメッセージが表示される。
・画面上に覚えのない画像(アニメーション、図形など)が表示される。
・画面上の表示が崩れる。

 

設定の変更

・ブラウザのホームページが勝手に変更されている。
・ダイヤルアップの接続先が勝手に変更されている。

 

動作の不具合

・プログラムが起動しなくなる。
・ファイルが破壊、削除される。
・キーボードで入力ができなくなる。
・勝手にインターネットに接続しようとする。

 

その他

・目覚えのないファイルが作成されている。
・メールソフトの送信済みトレイに覚えのない送信履歴がある。
・ファイルのサイズが大きくなる。

このような現象は、ハードウェアやソフトウェアのトラブルと見分けがつきにくいものです。おかしいなと思ったら、ウイルス対策ソフトなどでウイルスチェックをするよう心掛けてください。

 

CopyrightcCTY.,Ltd. All Rights Reserved.