■ About Aromatherapy  ■ 代表的な精油  ■ アロマテラピーの楽しみ方  ■ 安全に楽しむために  ■ ハーブ 


ラベンダー 

 Aromatherapyとは、
アロマ(芳香)によるテラピー(療法)=「
芳香療法

 20世紀初頭、フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負い、ラベンダーの精油を用いてその効能を自ら体験したことから、この植物療法をアロマテラピーと命名したことが始まりです。 アロマテラピーは、植物から抽出した精油の成分の力を借りて、こころやからだのトラブルを穏やかに回復し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法です。

 アロマテラピーという言葉は比較的新しいものですが、芳香植物を利用した治療や美容法はとても古い歴史を持っています。 紀元前4000年の古代エジプトでは、薫香や浸剤のかたちで、精神や身体的治療、香水、料理、ミイラ制作などに使われていました。 その後も世界中で研究され、さまざまな用途で活用れてきました。 日本では香りを嗅ぐことを「聞香」(もんこう)と呼び、香木を楽しむ文化がありました。 3000年の歴史があるインドの伝承医学「アーユルヴェーダー」では芳香マッサージがあります。

 19世紀には合成化学薬品の台頭により衰退の道をたどりましたが、 第二次世界大戦で負傷兵の治療に用いられたのをきっかけに、その効用は見直されることになりました。 その後、1950年代後半のイギリスでは、医療や儀式だけでなく美容や日常の健康のためにも精油が用いられ始めました。 生化学者マルグリッド・モーリー女史の提唱したこの流れは、イギリス式の「ホリスティック・アロマテラピー」へと発展していきます。

 ヨーロッパ各地では、医療の分野での応用がめざましく、代替医療・補完医療として活用され、専門分野の研究も発達しています。

 ストレスだらけの現代社会をもっと快適に、そして豊かに暮らしを彩るために、植物の香りを上手に取り入れることが注目されています。 


目 的

rose
  • リラクセーションやリフレッシュに役立てる
  • 美と健康を増進する
  • 身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
  • 身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す
 
 アロマテラピーは、精油の芳香成分の作用で、心と身体のバランスをとり、自然治癒力を高めることで、本来の健康と美しさを引き出す自然療法です。


11月3日はアロマの日

 「アロマの日」の由来 アロマテラピーは、ヨーロッパで生まれ育った「香りの文化」と言えます。また日本においても、古来より独自の「香りの文化」が存在します。そこで、自然がもたらす香りの効用を改めて認識し、感謝し、祝福するとともに、アロマテラピーを「日本の文化」のひとつとして定着させる願いをこめて、「文化の日」にあたる11月3日を「アロマの日」と制定いたしました。