本文へジャンプ
独り言(TOP)
独り言 一覧
前月ページ
会津八一研究
孫たち
うらら・くるみ
近所の子供
スキー
写真集
小話・小論
サンデーメモ
ゴルフ
リンク
メール・その他
団塊のつぶやき
会津八一の歌 研究

 会津八一の弟子であり、その研究で有名な故植田重雄早大教授(八一の弟子)の導きと古都奈良在住の友人、ともに奈良を訪ねる素晴らしい仲間達のおかげで秋艸道人・会津八一の歌を味わってきた。

   会津八一の歌と解説へ
 素 空 (Mail

会津八一
(あいづ・やいち)
 1881〜1956。新潟の生れ。号 秋艸道人(しゅうそうどうじん)。早稲田大学で学んだのち、坪内逍遥の招きで早稲田中学校教員となる。その後文学部教授に就任、美術史を講じた。
 古都奈良への関心が生み出した歌集『南京新唱(なんきょうしんしょう)』にその後の作歌を加えた『鹿鳴集』がある。奈良の仏像は八一の歌なしには語れない。歌人としては孤高の存在であったが、独自の歌風は高く評価されている。書にも秀で、今では高額で売買される。生涯独身で通したが、慕う弟子達を厳しく導き、多くの人材を育てた。

 新潟市會津八一記念館
 早稲田大学會津八一記念博物館