タスポニーはまだ歴史が浅いスポーツです。そのためにこのスポーツの人口は全国的に見ても愛知県が最も多く、そのほかは岐阜県、三重県のみといってもいいくらいです。

三重県は桑名市、四日市市が主で、愛知県に近い地域でのみ普及している程度です。

参加するために必要な道具は特別要りません。運動ができる服装をして体育館で履くためのシューズを持ってくればOKです。

見学だけでも歓迎します。まずは見て自分の目で確かめてください。お待ちしています。

日永タスポニー教室】は、原則として毎週金曜日の午後7時半から9時まで四日市市前田町の南中学校の体育館を借りて開いています。

タスポニーに興味を感じたら、体育館に直接来ていただくか、メールを下されば説明させていただきます。

現在会員は数名ですが、常時来ていただく人数は3〜4名程度で数が足りません。

それでメンバーの募集をしています。

一緒に体を動かして長続きするスポーツをしませんか?

左の写真のようなやわらかいボールを手の平か甲を使ってテニスのように約4mx8mのコートの中央のネットを挟んで打ち合うスポーツです。小学生から高齢者までできるスポーツです。
こんなやわらかいボールですから、体に当たっても痛くも痒くもありません。もちろんメガネだって絶対に壊れません。ボールは軽いから力も要りません。
意外に感じるかもしれませんが、こんな運動でも体を自然に使っていていい汗をかきます。

タスポニーは1981年、愛知県小牧市のYMCAで誕生したニュースポーツです。

タスポニーは直径17cmのスポンジボールをテニスのように打ち合うニュースポーツです。

健康づくり、体力づくりがしたいけど、個人で体を鍛えるには黙々とした運動が必要で、最初はいいけどなかなか長続きしないものです。

若年者から高齢者まで、年齢に関係なくとりかかり易く、ちょっとした場所で楽しく行うことができ、ボールに集中して体を動かしているうちに、運動の目的を果たしてしまう球技、それがタスポニーです。


「タスポニー」を始めませんか?