ハマちゃんの釣行日誌

〜 為にならない日誌ですが見てやって下さい 〜

イサキがサバに・・・ 2005年06月19日(日)

  60,963 byte

ここ数年、イサキの姿を拝んでいないので、
イサキ釣りに出ると言うiima船長に同行させて頂きました。
前日からの天気予報では曇り時々雨。
しかし、女心と梅雨空は気まぐれのようで、
予期せぬ好天に恵まれ意気揚々とマリーナを予定の7時に出航。
目指すはイサキ情報のあった安乗崎沖。
割と穏やかな伊勢湾を順調に航行し、一時間半程度で到着。
ポイントには既に漁船やプレジャーボートの群れが集結。
しかし、周りを見渡すも、あまり釣れている気配が無い。
適当に場所を決めてアンカーを入れ、仕掛け投入。
今回の仕掛けは自作の胴付4本針仕掛けです。
仕掛け投入後、なかなか魚信も無く、たまにモゾモゾとした感触がある。
魚探にも何かが真下で真っ赤に映ってるものの、
なかなか針に掛からず正体不明。

数分後、何とか針に掛ける事ができ、上げてみると小さいサバが・・・
後ろではイワシが上がっている。
うーん 犯人はコイツかぁ〜
その後、同様の当たりのみで本命の当たりはない。
そんな時、大山沖に出ていた船からサバが入れ食いとの情報が入り、
キリの良いところで諦めて移動する事に。

安乗沖から40分程で大山沖へ到着。
そこでは乗合船と漁船、プレジャーが入り乱れていた。
連絡をくれた船を捜し、とりあえず保険のサバを8本頂き釣り開始。
投入数分後、我々にもサバフィーバーがやってきました。

しかし、サバお決まりの仕掛けグチャグチャ攻撃に閉口。
4本の仕掛けを3本に減らしたり、複数匹かからないようにすぐに上げたり、
工夫しながらの釣りになった。

一時間ほど経過した所で、オイラが軽い船酔い気味で休憩。
船長と柘植氏2人でせっせとサバを追加。
25Lのクーラーが満タンになった所でストップフィッシング!
マリーナへ帰航の途に着きました。

風とウネリによるローリングで船酔いの釣りでしたが、
久しぶりにサバの引きを味わえ、楽しい一日でした。

本日の3人の釣果
25〜35cm マサバ、ゴマサバ 約40本

 
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -