ハマちゃんの釣行日誌

〜 為にならない日誌ですが見てやって下さい 〜

久しぶりのゴムボ 2005年08月27日(土)

  今回は、久しぶりにゴムボで鳥羽の海を徘徊してきました。
05:00 ゴム・クルーズ師匠宅へ集合し、
いつもの餌昭で石ゴカイ2杯とアミエビを購入。
07:00 HGへ到着し、ボートと道具一式を降ろして車を駐車場へ。
この日は時間も少々遅めだったので、管理人のおっちゃんとご対面。
少し話しをして駐車料金800円を支払う。
7:30 一通り出航準備も整い、いざ出陣〜
最初にキスを狙うか?アジを狙うか?師匠と相談し、
師匠はアジを、オイラはキスを狙う事にして、
それぞれポイントへ移動する事に。
出航場所が海水浴場なので、
周囲を囲むブイを通過するまでオールで漕ぎ出し、
船外機のエンジンを掛ける。しかあーしぃ〜
船外機の調子が少しおかしい・・・
チョークスタートでは調子良くかかるものの、
チョークを戻すとプスプス・・・
これを何度も繰り返し、何とか始動。
やはり、普段あまり使っていないからなのか?
それとも横倒しにして車に積んできているからなのか?
前日には自宅でちゃんと始動していたのに・・・
(後日、友達からフィルターの詰りでは?と指摘あり)
何はともあれ、適度に使ってメンテをしっかりと言う事ですな。

ポイントへ移動すると、流し釣りにはちょっと風が強すぎる。
前日の予報では無風に近い予報だったのに・・・ ウソツキ!
そんな事を言ってても仕方が無いので、
ポイントの上を通過するようにボートを持って行き何度も流す。
しかし、すぐに流されてしまいかなり釣り辛い。
それでも何とか数匹のキスを上げていると、
アジがイマイチだったようで、師匠もやってきた。
暫くすると師匠の竿に小鯵がポツポツと釣れ出して、
オイラも御相伴に預かろうと、近くにアンカーリング。
サビキを入れて暫くするとオイラにも小鯵が釣れだした。

それからどれくらい経過した頃だったか?
師匠の竿が大きくしなり、穂先が海中へ突き刺さる。
しかし、何がかかったのか?残念な事にフィッシュ・オフ!
それからまた暫くして、また穂先が海中へ!
おおー なんやこれは〜〜
アオリなのか?青物なのか? にしては時期が早いし・・・
10分程のやりとりがあったであろうか?
今度は何とか海面まで引き上げてくると、
師匠の興奮したような声が!
ヒラメや〜 しかもデカイ!
しかし、師匠のボートにはこの日のターゲットを考えて、
小さいタモしか持ってきていない様子。
オイラのタモもさほど変わらないしアンカーも入れているので、
仕方なく、口へ指を突っ込んで上げるか?
でもフィッシュイーターのヒラメの口に指なんぞ入れたら・・・
考えた結果、エラに突っ込もうと手を入れた瞬間・・・
推定70cmのヒラメは2号のハリスを切ってバイバイ。
それから暫く鳥羽の海には師匠の無念の声と、
メラメラと燃えるオーラが広がった事は言うまでも無く・・・

その後、キスもアジも魚信が止まってしまい、
オイラは場所を大きく移動して、A島漁港前へ。
そこでも風がまだまだ強く、何度も流しては戻しを繰り返し、
キスを何匹か追加し、イシモチもゲット。

午後からは風も穏やかになり、15:00頃まで粘ったものの、
もう一度アジでもやってみようと海水浴場前へ移動。
アジの前にと入れたキス仕掛にカワハギのお土産を追加、
アジの追加はなし。
16:20 まだまだ頑張る雰囲気の師匠を残してビーチへ戻り撤収。

8月の終わり頃と言う事もあり、ビーチには花も無く
目の保養には至らなかったものの、思ったよりは過ごし易い天気の中、
久しぶりのゴムボ釣行は終わりました。
アジもこれから時期に突入するであろうし、カワハギも期待できそう。
エンジンが腐らないように、適度にゴムボも出さなきゃなぁ〜と思ったオイラです。


本日の釣果
キス 10〜22cm 22匹
アジ 13〜15cm 8匹
イシモチ 25cm 1匹
カワハギ 22cm 1匹

他 チャリコ、イワシ 各1匹
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -