ハマちゃんの釣行日誌

〜 為にならない日誌ですが見てやって下さい 〜

処女航海 2005年03月26日(土)

  63,459 byte

いよいよゴムボシーズンの始まりです。
今年はオイラにとって2艇目のボートでのシーズンインとなりました。
ボートに付いては、また改めてMyボートのコーナーで紹介させて頂きます。

さて、この日はまだまだ寒いと言う事と、シーズン真っ盛りでもないので急ぐ事もなかろうと少し遅めの出発。
現地鳥羽へ到着したのが8時半頃。
天気は晴天、風も無く波も穏やか、絶好の釣り日和でした。
この時点では・・・
で、それからボートのセッティング。
今回は初めてのボートにして、自作のドーリーを引っさげての釣行で、出船に少しの不安があったものの、自作ドーリーもまずまずの機能を果たしてくれ、何とか波打ち際までボートを運ぶ事が出来ました。
しかし、いざ海へ! ボートを蹴り出すと、少し出たところで跳ね上げるはずのドーリーのタイヤが波打ち際の岩にひっかかりニッチモサッチモ状態。
仕方なくボートを降りて場所を変え、また海へ蹴り出す。
そして急いでオールで少し沖へ向かい、何とかドーリーを跳ね上げる事に成功。
船外機を下ろしていよいよスタートです。

ゴム師匠も準備万端整い少し後から出航。
沖で並んでまずは何処へ?と相談したところ、まずはワカメをゲットしに行きましょう!
と言う事になり、沖で養殖ワカメ漁をされている漁師さんご夫婦を直撃訪問!
優しい漁師さんからワカメを分けて頂き、20Lのクーラー半分を埋める事が出来ました。
あははは

さていよいよキス釣りの始まりです。
いつものポイントへ移動して早速第一投目を投入!
魚信はすぐにやってきました。
おおー やっぱりキスはおるでぇ〜〜
上がってきたのは22cmのグッドサイズ!
れからも何度か同じポイントを流しては戻しを繰り返し、数匹を追加するものの、当たりはあってもなかなか針に乗ってくれない。
そんな状態が昼間で続き、お昼を境にその当たりすらパッタリ。

風もだんだんと強くなり、吹いたり止んだり。
場所を変えた師匠の様子を携帯で聞いてもさっぱりのご様子。
今日はこの辺りが潮時か?と判断し、午後3時頃に納竿となりました。

結果、22cmを頭に大小取り混ぜて10匹のキスをゲット。
今年のシーズン開幕戦は終わりました。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -