HOME > 地域情報・防災情報 > コミュニティチャンネル > まほろば ~歴史の扉~ > 2020年

地域情報・防災情報ーコミュニティチャンネル

まほろば ~歴史の扉~ 2020年放送分

③「藤堂藩を下支えした無足人」

2020年3月16~31日放送分

現在四日市市となっている地区の一部は、江戸時代には藤堂藩の飛び地でした。藤堂藩には無足人という独特の身分がありました。どのような人々が無足人となり、またどんな役割をしたのかを探ります。

②「明和の一揆」

2020年2月16~29日放送分

江戸中期の明和5年、現在は鈴鹿市となっている亀山藩領で一揆がおこりました。
臨時増税と米の専売制に反対するもので、広瀬野の伝説から「広瀬の狐」を暗号に集まった農民は約5,600人、鎌や斧を持って亀山城に向かいました。

①「水に苦しみ 水を生かす   諸戸清六の仕事 諸戸水道」

2020年1月16~31日放送分

木曽岬を故郷とする諸戸家。桑名に移り住んだ初代諸戸清六は、飲料水に苦しみ
上水道の建設が待たれる中、明治34年に独力で自家用上水道を完成させます。
その後設備を拡張し無償で市民に水を提供しました。

過去のコンテンツ

コミュニティーチャンネル
特別番組 CTYのfacebookへ
CopyrightcCTY.,Ltd. All Rights Reserved.