HOME > 新規加入をご検討中のお客様 > インターネットサービス > 無線(Wi-Fi)接続がつながりにくい時の解決方法

無線(Wi-Fi)接続がつながりにくい時の解決方法

 

インターネット接続方法によるメリット・デメリット

インターネットを利用するには、端末をLANケーブルまたはWi-Fiで接続します。
接続方法によるメリット・デメリットは下表のとおりです。

接続方法 Wi-Fi(無線) LANケーブル(有線)
無線周波数 2.4GHz 5GHz
メリット ・5GHzと比較して電波が遠くまで届きやすい
・多くのWi-Fi端末が対応している
・2.4GHzと比較して通信速度は速い
・電波干渉が少なく、Wi-Fiが安定しやすい
・Wi-Fiと比較して通信速度は速い
・電波干渉がないため通信が安定する
デメリット ・5GHzと比較して通信速度は遅い
・他の機器(電子レンジ、コードレス電話機
 など)でも利用される周波数のため、電波
 干渉によりWi-Fiが不安定になりやすい
・2.4GHzと比較して遮蔽物に弱く、電波が遠く
 まで届きにくい
・5GHzに対応したWi-Fi端末しか接続できない
・LANケーブル配線が必要
・Wi-Fiルーターと有線接続する端末が離れている場合、LANケーブル配線工事が必要
・LANケーブルおよびLANケーブル配線工事は有償です

 

 

なぜWi-Fiが届かない場所がでるのか?

Wi-Fiの電波には以下の特徴があります。

Wi-Fiルーターから離れるほど電波強度は弱くなり、通信速度が低下します

 

遮蔽物(壁、家具など)が多いほど、遮蔽物の材質によっても電波強度は弱くなります

 

 

 

ワンルームでWi-Fiを利用する場合

遮蔽物が少ないため比較的届きやすいが、Wi-Fiルーターを隅に設置すると届かない部屋もでてきます。

 

 

 

戸建て(平屋)でWi-Fiを利用する場合

Wi-Fiルーターを中央に設置すると比較的届きやすいですが、隅に設置すると届かない部屋もでてきます。

 

 

 

戸建て(2階建て)でWi-Fiを利用する場合

Wi-Fiルーターのみの場合、戸建ての大きさや形状によりWi-Fiが届かない部屋がでてきます。

 

 

 

Wi-Fiが届かない部屋でWi-Fiを利用するには? 

無線中継機を設置することでWi-Fiの届くエリアが広がり、届かなかった部屋も改善できる可能性があります。

 

 

無線中継機の利用方法

Wi-Fiの電波には以下の特徴があります。

 

 ●Wi-Fiルーターが発するWi-Fiに無線中継機を接続します

 ●Wi-Fiルーターでは特に指定するメーカー・モデルはなく、基本的にはどの無線中継機も利用可能ですが、一部のWi-Fiルーターは指定されたメーカー・モデルのみ利用可能です

 ※詳しくはお持ちのWi-Fiルーターのメーカーへお問い合わせください

 

 ●Wi-Fiルーターと無線中継機の各々でWi-Fiを発します

 ●無線中継機専用のSSIDとパスワードがあります

 ※無線中継機によっては、Wi-Fiルーターと同じSSIDとパスワードを引き継ぐことが可能です

 

 

無線中継機を利用した場合の注意点 

Wi-Fiルーターと無線中継機のWi-Fiは自動的に切り替わりません

Wi-Fiを切り替えるにはWi-Fi端末(スマホ・タブレットなど)でWi-FiのOFF/ONの操作が必要です

 

 

 

 

 

上記をお試しいただいても改善しない場合、また、改善方法の仕方が分からない方は、
以下の「CTYフリーダイアル」または「CTYサポートセンター」までお問い合わせください。

お問い合わせ

電話での一般的なお問い合わせは 0120-30-6500 電話でのインターネット接続についてのお問い合わせは 059-359-3016 電話での夜間・休日の緊急連絡先は 059-353-6560

 

CopyrightcCTY.,Ltd. All Rights Reserved.