1. 鈴鹿山脈/登山日記

  2. 本棚
  3. 書籍リスト
  4. 地学・鉱山
  • 滋賀県管下近江国六郡物産図説

  • 発行:滋賀県
  • 1873 (M06)

この図説は、明治6年のウィーン万国博覧会出品のための全国調査において「各郡内の特産物について地元の庄屋が調査し、滋賀県に提出した報告書」であり、彩色した絵図を含む。同図書館の近江デジタル歴史街道に収録されているので書籍名で検索することになるが、国立国会図書館からの方が良いかも知れない。なお、六郡とは当時の滋賀県である滋賀・栗太・野洲・甲賀・蒲生・神崎郡。

信楽焼、茶、蚊帳など物産の説明があるが、鉱山に関しては次のとおり。(書籍名は省略)

ウィーン万国博覧会に出品された鉱物の一部が東京大学総合研究博物館の「博物館列品目録」にある。(作成 2016-06-07)

  • 鉱物類産地図

三重県内鉱山の産地略図集。三重県立図書館デジタルライブラリーに収録。三巻構成。発行時期不明。

良く解らないモノクロ風景画が多数。こうなると産地の所在地名に興味が移る。鈴鹿山脈周辺では、

員弁郡篠立村のツラライシの右側は篠立風穴か。員弁郡石榑南村字コハガ谷の銅鑛には鉱員らしい姿がある。そして鉱物名が解らない。「イハキ」は石炭か。また「ミズアゲイシ」は広報こものに説明があるものか。(参考:理科教科書類にみる鉱物基本語彙の推移)(作成 2016-06-23)

  • 三重県 地学のガイド

  • 編者:磯部 克
  • 発行:コロナ社
  • 1979 (S54) 249p B6 書誌

県別に出版されている地学のガイドの一冊。「三重県の地学めぐり」20編のうち、鈴鹿山脈に関するものは次の4編。当時、1600円も出して購入したのだが、読んだのは鈴鹿の部分だけだったりする。(作成 2001-11-10)

  • 目 次(抜粋)
  •  一 三重県の地質
  •  二 三重県の地学めぐり
  •   5 御池岳・藤原岳周辺
  •   6 多志田渓谷と青川渓谷
  •   7 宇賀渓谷・朝明渓谷周辺
  •   8 小岐須渓谷・宮妻峡・マンボ
  •  三 地学資料
  • 御在所山地域の地質

  • 発行:地質調査所
  • 1989 (H01) 145p 書誌

5万分の1地質図幅の地質図その解説書

鈴鹿山脈を始め、全国のデータへは地質調査総合センターからアクセスできる。(作成 2016-06-07)

  • 伊勢治田銀銅山の今昔

  • 著者:黒川静夫
  • 1992(H04) 182p A5 書誌

治田峠の伊勢側で稼動していた治田鉱山の歴史と鉱山跡の調査研究書。出版時点での中間報告と位置づけられている。記述内容は、最古の添水銀山や檜谷・山光・多志田の主要3地区の状況のほか、著者の研究テーマであった排水技術などにも及んでいる。

治田鉱山は、1600年頃には稼動しており、江戸時代には新町に代官所が置かれて銅を産出した。しかし、その後には産出量が減り、大正時代の再開発のかいもなく、昭和49年には鉱業権が消失して閉鎖されたとのこと。古図、年表、抗跡などの所在地図、坑道内調査図、地名調査図など豊富な資料が掲載されている。四日市市立図書館にて。(作成 2001-11-24)

  • 目次
  • 一章 鉱山の概要
  • 二章 鉱山稼業のありさま
  • 三章 添水銀山
  • 四章 檜谷銅山
  • 五章 山光鉱山
  • 六章 多志田鉱山
  • 七章 他地区の銀銅山
  • 八章 多田・生野・佐渡の金銀銅山との関わり
  • 九章 銀銅の精錬
  • 十章 水との戦い
  • 十一章 明治・大正の再開発
  • 十二章 地質と鉱石
  • 十三章 鉱山余話
  • 十四章 遺跡と遺物
  • 近江鈴鹿の鉱山の歴史

  • 著者:中島伸男
  • 出版:サンライズ印刷
  • 1995(H07) 247p A5 書誌

人の気配の無い山中で、石垣や鉄輪、一升瓶や散らばる陶器片を見つければ、誰しもここに何があったのかと怪しむのではないか。本書は、このような向山鉱山の様子を見た著者が、主に近江側の鉱山の歴史を調べたもの。

取り上げられている主な鉱山は次のとおり。この他に、詳細が判らないものや亜炭鉱山についても記載されている。四日市市立図書館にて。

  • 政所蓬谷鉱山
  • 君ヶ畑東椋鉱山
  • 蛇谷鉱山
  • 水沢鉱山
  • 甲津畑の鉱山(御池鉱山、高昌鉱山、国位鉱山、向山鉱山、大蔵鉱山、大平鉱山)
  • 扇子野鉱山
  • 綿向鉱山
  • 弥栄鉱山

平成18年、「新版 近江鈴鹿の鉱山の歴史」として、サンライズ出版から再刊された。早速入手して、再読したのはいうまでもない。(作成 2002-03-09)(改訂 2006-06-29)

  • 神秘の鍾乳洞
  • 河内の風穴写真集

  • 企画:多賀町立博物館(多賀の自然と文化の館)
  • 発行:VINZ
  • 2009(H21) 47p B5変形版 書誌

風穴でのハイビジョン撮影の様子を紹介した写真集。多賀町立博物館が企画したためか、やや絵本風。

「なぜ?どうして?どうやって?洞窟Q&Aと撮影エピソードを紹介!」と表紙にあるとおりの内容。河内風穴の非公開エリアで撮影された鍾乳石や地下水路などの美しい写真が収録されている。多賀町立博物館(多賀の自然と文化の館)にて購入。映像を収めたDVDはVINZで入手できる。(作成 2012-08-14)