1. 鈴鹿山脈/登山日記

  2. 本棚
  3. 書籍リスト
  4. その他
  • 鈴鹿峠

  • 著者:吉川 延
  • 発行:近代文芸社
  • 1928 (S03) 418p B5

関の小萬(小万)の仇討ち物語。大衆文学。

何の本だか解らず、図書館の書庫から出してもらうと「女人復讐 鈴鹿峠」とある。ギョッとして読み始めると、女が松の陰に隠れている場面からスタート。最後は目的を果たしたようで、その女が髪をおろすところ。「関の小万」でした。

検索してみると、「女人復讐 関の小万」という映画(1929)が原作・吉川莚で撮影されている。未読。三重県立図書館にて。(作成 2002-05-11)

  • 三重県 地学のガイド

  • 編者:磯部 克
  • 発行:コロナ社
  • 1979 (S54) 249p B6 書誌

県別に出版されている地学のガイドの一冊。「三重県の地学めぐり」20編のうち、鈴鹿山脈に関するものは次の4編。当時、1600円も出して購入したのだが、読んだのは鈴鹿の部分だけだったりする。(作成 2001-11-10)

  • 目 次(抜粋)
  •  一 三重県の地質
  •  二 三重県の地学めぐり
  •   5 御池岳・藤原岳周辺
  •   6 多志田渓谷と青川渓谷
  •   7 宇賀渓谷・朝明渓谷周辺
  •   8 小岐須渓谷・宮妻峡・マンボ
  •  三 地学資料
  • 御在所ゆうゆう

  • 著者:宇佐美正徳
  • 発行:中日新聞社
  • 2001(H13) 95p B6

「御在所ロープウエイ企画宣伝部長の宇佐美正徳さんが、本紙に掲載された写真や記事などを一冊の本にまとめ、中日新聞社から自費出版した」(平成12年5月29日付けの中日新聞)。この新聞記事を見て、週末の山行をハライドに決めた。帰路、御在所ロープウエイの売店へ立ち寄るためだ。

内容は、風景や花の写真のほか、随想、登山道・湯の山温泉・歴史こばなしの道・御在所ロープウエイ・カモシカセンターの紹介など。(作成 2002-02-08)

  • 週刊・続日本百名山25
  • 御在所岳・能郷白山・武奈ヶ岳

  • 発行:朝日新聞社
  • 2002(H14) 33p A4変形版 書誌

週刊誌形式の全集ものがブームのなか、日本百名山50冊に続いて刊行された30冊のうちの一冊。

御在所岳の記事は、写真のみのものを含めて8ページ。写真の間に深田久弥などが引用されている。登山ガイドは、なぜか登路に一ノ谷新道、下山路は裏道である。他に智積養水などの「寄り道情報」が2ページある。

「朝日ビジュアルシリーズ」とあるように、枚数は少ないが大判の写真が魅力的。また、能郷白山の上空から琵琶湖方面を見た鳥瞰図が目新しい。(作成 2002-08-24)

  • 週刊・花の百名山25
  • 伊吹山・藤原岳・葦毛湿原

  • 発行:朝日新聞社
  • 2004(H16) 33p A4変形版 書誌

これで終了と思っていた続日本百名山のあとに刊行された30冊のうちの一冊。

それぞれに田中澄江が引用され、山毎に数種類の花の写真が掲載されたカタログのような本。藤原岳はフクジュソウの山として紹介されている。(作成 2004-12-25)

  • みーな 琵琶湖から 90号
  • 特集 一目霊仙!

  • 発行:長浜みーな協会
  • 2006(H18) 72p A4

長浜市に所在の地域情報紙。季刊で、湖北地域の自然、寺社、特産品、習俗などを紹介している。

特集内容は、霊仙七ヵ別院である松尾寺の発掘調査、「霊仙祭り」と「お池」、木彫りの里・上丹生、及び霊仙三蔵の紹介、カナヤ・西出商店のインタビュー、並びに霊仙三蔵記念堂の建設経緯など地元編集ならではのもの。(長浜みーな編集室バックナンバー案内、作成 2012-12-22、改訂 2014-08-02)

  • 神秘の鍾乳洞
  • 河内の風穴写真集

  • 企画:多賀の自然と文化の館
  • 発行:VINZ
  • 2009(H21) 47p B5変形版 書誌

風穴でのハイビジョン撮影の様子を紹介した写真集。多賀町立博物館が企画したためか、やや絵本風。

「なぜ?どうして?どうやって?洞窟Q&Aと撮影エピソードを紹介!」と表紙にあるとおりの内容。河内風穴の非公開エリアで撮影された鍾乳石や地下水路などの美しい写真が収録されている。多賀町立博物館(多賀の自然と文化の館)にて購入。映像を収めたDVDはVINZで入手できる。(作成 2012-08-14)

  • 週刊・ふるさと百名山45
  • 御在所岳・霊仙山

  • 発行:集英社
  • 2011(H23) 34p A4変形版 書誌

「山と溪谷社が選んだ」百名山。アカヤシオの開花時期に合わせるように店頭に並んだ。しかし、そのアカヤシオが咲く御在所岳の表紙写真は青っぽくて異様な色だ。咲いている花も少ない。製作態度に対する不信感が噴出する面構えである。

コースガイドは、御在所岳が山頂周遊、中道・裏道、一ノ谷新道・国見尾根。霊仙山が谷山谷、南西尾根。御在所岳周辺の奇岩・怪石の不思議4ページ。湯の山温泉、浅井三姉妹と霊仙山、水と生きる醒井が各2ページなど。(作成 2012-07-28)