1. 鈴鹿山脈/登山日記

  2. 山行記録
  3. 2012年5月20日

鈴鹿:国見岳

ブナ清水経由で国見岳。シロヤシオは裏年で花やツボミは僅か。

登山日
2012年5月20日日曜日
ルート
朝明渓谷-ブナ清水-ヤシオ尾根-国見岳-根ノ平峠-朝明渓谷(散策路)

ブナ清水

千種街道を登り、標識に従って「ブナ清水」への道に入る。左に崖が現れて下方に滝が見える。直ぐに崩壊した小谷を跨ぐと、カマ跡が点在する水流沿いの道になり、雰囲気を楽しんで歩くうちに「伊勢谷・池の尾・(ブナ清水)」の標識に到着した。

写真1写真2

周辺は複雑地形。散策すればアメンボウが泳ぐ小池(水溜まり)がひとつ、カクレ谷側には乾いた池、さらに下れば小さな平坦地にカマ跡が二つ。こんなところでも炭焼きをしていましたか。カクレ谷左岸の尾根を登って来たものか。

次図は、GPS(Germin eTrexH)で取得した軌跡を編集して電子国土に重ねたもの。

地図の大きさ:600×150 600×500 600×600

地図の大きさ:600×150 600×500 600×600 説明:地図表示について

赤線:登路、青線:下山路、×:ブナ清水、:乾いた池、:カマ跡、:桃岩、:石門)

国見岳

シロヤシオは裏年。僅かに花やツボミを見られるだけ。やや時期が早いとはいえ、これほどに花がないとは思わなかった。雨が降りそうなので国見岳から引き返すことにする。

写真3写真4

桃岩へ寄り道。この辺り、少し藪っぽいがササがないので自由に歩ける。大正13年の観光パンフレットには「桃石」として、「温泉場より四十五丁國見ヶ嶽の背面石門の北にあり」と記載されているが、ほぼ忘れられた存在。

桃に見えないことはない。この岩に違いないと思うのだが、付された写真では周辺が刈り払われた桃岩の上に人が乗っている。当時は梯子が用意されていたのだろうか。石門へ向かうと家族連れの声がした。僅かな距離なのだが、こちらは賑やかなものだ。

朝明渓谷散策路

写真4

県境登山道を下りて往路を引き返し、砂防ダムから朝明渓谷の散策路に入ってみた。

歩いた部分は、ヤマツツジが見られて登山道としては良いが、整備不充分なうえ、雰囲気が陰性で「散策路」のイメージとは隔たりがある。また、開削時のものか不要なテープが残置されており、散策路から迷い出てしまった。

そして、通り雨が全て濡らす。児玉山荘の標識で渓谷道路に出て、濡れた登山者達と駐車場へ向かう。道端の人工池にはモリアオガエルの白い泡玉が出来ていた。

この夜、急激な発熱(39℃超え)があり、翌日はダウンしてしまった。感染症。何かと忙しかった。疲れによる免疫の低下か。抗生物質のお世話になった。

行程表

8:23朝明渓谷駐車場
9:51ブナ清水 (9:51-10:58)
11:20ヤシオ尾根
12:04国見岳
13:32根ノ平峠
15:08朝明渓谷駐車場

追記 2016.10.13

2016.10.10(鈴鹿:ブナ清水 ハライド)には、ふたつの池などに水があった。

(作成 2012.05.24、更新 2016.10.13)