1. 鈴鹿山脈/登山日記

  2. 登山日記
  3. 2019年

登山日記 2019

2019-08-11 /山行記録

鈴鹿:鎌ヶ岳(武平峠-御在所岳-武平峠)

2019-08-04 /山行記録

鈴鹿:御在所岳(中道-御在所岳-裏道)

2019-07-19 /雑記

わたらいセブンマウンテンマップ

平仮名、片仮名ばかりで分かり難いが、度会町が登山マップを公開した。度会町おすすめの7つの山を紹介しますにてPDFをダウンロードできる。

2019-06-28 /雑記

国道306号鞍掛峠の通行止めの解除

年度末以降、崩壊したままの滋賀県のサイトに「国道306号鞍掛峠の通行止めの解除について」が掲載された。鞍掛峠の滋賀県側がようやく復旧したようだ。大君ヶ畑まで通行できるようになった。

2019-06-26 /山行記録の向こう側

よっかいちの自然 第1集 丘陵地や山地の林

鈴鹿山脈関連の記事を更新した。四日市市環境保全課が昨年10月に「よっかいちの自然 第1集 丘陵地や山地の林」を発行したことを知った。鎌尾根や雲母峰、宮妻峡は四日市の領域だ。実態は写真集だが、四月にサイトで公開したので本棚に入れておく。

2019-06-13 /本棚

日本山嶽志

承知している範囲で、日本山嶽志(1906,明治36)にある鈴鹿関係の山名を整理してみた。

2019-06-11 /本棚

伊勢國の古地図など

西尾市岩瀬文庫古典籍書誌データベースに昨年追加された絵図・地図類から近江国細見図(1742)、伊勢国全図(1810)、細見伊勢国絵図(1830)、三重県全図(1922)などを本棚に追加。

三重県関係は、三重県立図書館デジタル資料の地図が、一部を除き低解像度で判読困難なゲテモノばかり。三重県博物館も同様。三重の歴史・文化デジタルアーカイブにて"伊勢国 絵図"で横断検索すると、サムネイルと大差ない画像しか出て来ない。例えば、勢州坂下宿絵図は、以前は高解像度の画像を閲覧できたと記憶しているのだが。検索方法など、間違えているのだろうか?

追記(2019-07-24):別に紙上博物館「坂下宿絵図」があった。

2019-06-01 /本棚

鎌井氏勢州有機無機品物録など

明治初期、御在所岳周辺で採取した植物の彩色図譜鎌井氏勢州有機無機品物録(1872)、北勢三重全郡採藥之記(1887)を本棚に追加。著者は鎌井松石。国立国会図書館デジタルコレクションに収録されていた。

2019-05-21 /雑記

風で方向が変わる標識:毎日新聞

5月21日付けの毎日新聞Web板に、風で方向が変わる登山標識の動画が掲載されている。三方向を示す標識が風を受けて回転し、間違った方向を示している。場所は大江山連峰。これは困る。

2019-05-07 /山行記録の向こう側

鈴鹿山脈周辺での行事日程一覧

帯状疱疹で山登りは無理な状況。ブラウザのブックマークを整理する為、祭事など行事予定のメモを作成してみた。

2019-05-01 /登山日記

御在所岳山頂でアカヤシオが咲き始めた

写真 御在所ロープウエイ六号塔

令和に改元された日。無料で利用できたので御在所ロープウエイで山頂へ。三号塔以降、霧で真っ白だが時折視界が広がる。到着した山頂は、雨具なしでは出歩く気になれない雨。

写真 アカヤシオ

朝陽台では早咲きのアカヤシオが一株。派手に咲いているのはこれくらいか。ここ数日、強風や低温があったがツボミなどそれほど落ちてはいない。富士見岩へ移動すると咲いていないが、中道へ降りた所で数株が咲いている。中道最上部の開花は今日か、昨日か。それなりに咲いてはいるが、アカヤシオの開花は裏年の印象だ。

2019-04-24 /雑記

体調不良:連休中の登山は諦める

写真 アメナリーフ乗200g、カサールクリーム3%

帯状疱疹を発症した。現役のときに一度やったが、リタイア後は想定していなかった。どうやら帯状疱疹は年寄りになってからが本番らしい。相変わらず治療薬は高い。10連休と聞いたとき、病気になると大変だと思ったが人ごとでなくなった。

現役でないので寝転んでいれば良いが、就寝しようにも疱疹が痛んで眠れない。ザックなど痛くて担げるわけもなし。

2019-04-20 /山行記録

鈴鹿:御在所岳(蒼滝公共駐車場-蒼滝不動-東尾根-中道-御在所岳-裏道-駐車場)

2019-04-17 /山行記録の向こう側

リンク:地域情報の更新

若干の追加とリンク切れを修復したが、滋賀県は補修不能。トップから入る知事室でさえ、3月以降の知事日程を見られない。3月末のリニューアル失敗で滋賀県サイト全般が崩壊している模様だ。

その間に、滋賀県知事は大戸川ダムの建設容認で方針転換とのことだが、出鱈目だった永源寺第2ダムは大丈夫か。

2019-04-13 /登山日記

鈴鹿:御在所岳(中道-御在所岳-峠道)

九ヶ月振りに御在所岳を山頂まで登った。10日に降雪があり八合目以上では日陰に雪が残っていた。アカヤシオの開花は695mまで。オバレ石では赤いツボミで開花まで2~3日か。近くのタムシバは開花直後のようで、花の開花が遅い年になっている。

なお、自宅周辺では桜がまだ散り残っている。

2019-04-08 /登山日記

御在所岳中道のアカヤシオ

写真 アカヤシオ

中道650mでアカヤシオ一株に花が八輪、開花で良いね。700mの手前は未だに赤いツボミで今日はここまで。タムシバの花、アカヤシオのツボミ、ともに少ない印象だ。三ツ口谷堰堤にも行くがツボミは固かった。

2019-04-04 /登山日記

砂山のアカヤシオ

写真 アカヤシオ

砂山の東屋にあるアカヤシオ。ツボミが少なく、充分に膨らむ前に紅色になった。タムシバやミツバツツジは咲き始めているが、これも花が少ない。咲き始めだからそう思うだけか。

2019-04-04 /山麓徘徊

勝泉寺しだれ桜

2019-03-31 /山麓徘徊

川島町のシデコブシ自生地

鹿化川沿いのサクラ

シデコブシ自生地直近の鹿化川沿いのサクラ。自宅周辺では開花は28日頃だが、その後は気温が上がらず開花はあまり進んでいない。

2019-03-28 /山麓徘徊

東阿倉川イヌナシ自生地

2019-03-24 /山行記録

鈴鹿:大沢竜王山(瀧樹神社-大澤-大沢竜王山-五瀬-土山)

2019-03-09 /山行記録

鈴鹿:ツヅロウ・姫が池(瀧樹神社-大澤-源田-ツヅロウ-姫が池-大澤-瀧樹神社)

2019-03-02 /山行記録

鈴鹿:入道ヶ岳(滝ヶ谷-南尾根-入道ヶ岳-大ハゲ南尾根)

2019-02-21 /山行記録

鈴鹿:羽黒山(正法寺山荘跡-小野川(林道南河内線)-羽黒山-正法寺山荘跡)

2019-02-07 /サイト運営

無料ウエッブ移転

無料ウエッブに御在所岳日記(XFree)、山麓徘徊(Webcrow)を置いていたが、何れも短期間の更新制度が導入された。電子データの寿命は短い。老い先短い身なので、お迎え後もしばらくは娑婆世界にデータが残って欲しいと願う。

広告が表示されるが、忍者ツールズに移転した。

2019-02-02 /山行記録

鈴鹿:小岳(深山口-小岳-下駒月-深山口)

2019-01-27 /雑記

積雪

26日夕刻、四日市の自宅付近で僅かな積雪。亀山市、鈴鹿市は大雪警報。ライブカメラで見る関宿、鈴鹿峠、田村神社も積雪だ。

2019-01-26 /本棚

本棚-資料篇:古地図

滋賀県立図書館の近江デジタル歴史街道で資料を漁り、古地図に幾つか追加した。それ以外、気になるものを幾つか。

坂田郡絵図:霊山に池三つ、「仏返」

東宮御成婚記念滋賀県(1927/S02):男鬼にスキー場、屏風へ県道

滋賀県観光図(1951/S26):桃原にスキー場

滋賀県新日本分県地図(1956/S31):御池鉱山を記載

これに対して、三重県立図書館のデジタルライブラリー(例:三重県実測図)は文字を読めない欠陥品だ。悲しい。

2019-01-14 /登山日記

釈迦ヶ岳を目指すが猫岳で時間切れ

写真 県境登山道へ上がる
写真 猫岳へ登る
写真 釈迦ヶ岳

天気が良いとのこと。先月末の降雪以降、鈴鹿山脈に寒波の気配なし。毎朝の用事を済ませ、朝明渓谷の駐車場出発は8:19。駐車車両は7台。ここまで雪なし。

タイムリミットを11:30に決め、猫谷林道、県境尾根で釈迦ヶ岳を目指した。県境尾根は0~30cmの積雪。トレースを追い、猫岳到着は11:10。時間切れで往路を引き返した。駐車場帰着14:08。立ち寄った羽鳥峰で2人組の登山者に出合っただけ。

登山靴の防水性能が落ちてきた。許容不能、新しい靴を探さねば。

2019-01-04 /山行記録

鈴鹿:菰野富士(近鉄湯の山駅-菰野富士-湯の山かもしか大橋-湯の山温泉-近鉄湯の山駅)

2019-01-02 /雑記

湯の山かもしか大橋は閉鎖・通行止

先月29日付けで、御在所ロープウエイが「湯の山かもしか大橋」の閉鎖・通行止を告知している。 また、湯の山温泉協会は「平成30年12月28日から当分の間、凍結による事故防止のため、三重交通バスは『湯の山かもしか大橋ルート』を中止し」とのこと。

昨年夏に開通した橋だが、災害時の交通ルート確保という設置目的にも拘わらず呆気ない閉鎖だ。

2019-01-01 /山行記録の向こう側

ライブカメラ更新

御在所ロープウエイ・ライブカメラ

御在所ロープウエイのライブカメラが日の出を映していた。太陽を縦方向に貫く輝線は撮像素子の特性か。

相変わらず山歩きの時間を確保できないので、ライブカメラに幾つかを追加した。